パンク修理

2016.09.08.21:33

当店に入庫するパンクの主な原因です。
まずはこの写真をご覧下さい。

新車納車時や前回のパンク修理時に
空気を入れるバルブ口とタイヤ側面のロゴを
「わざと」合わせています。

今日、パンク修理で入庫した自転車です。
私の指がバルブ口です。
ロゴマークがこんなにズレてます。

何もしなくてもチューブ内の空気は少しずつ
抜けていきます。
そのまま走り続けると、タイヤだけが
少しずつ空転して写真のようになります。

タイヤが空転しながらタイヤ内部のチューブは
少しずつ削れてしまいます。
その結果、パンクします。

特に通学車は10台中、7~8台は
この手のパンクです。
何かが刺さってパンクするケースの方が
稀です。


たまに空気補充してあげて下さい。
そうすれば、この手のパンクはかなりの確率で
防ぐ事が出来ます。

スポンサーサイト
プロフィール

Cycle Shop ONE 重田 淳一

Author:Cycle Shop ONE 重田 淳一
群馬県みどり市笠懸町で営業してます。
お蔭様で7年目を迎えました。
http://cycleshop1.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR