ある一般車メーカーのお取扱いを停止致します。

2017.08.22.17:11

大利根店であった出来事です。
他店様ご購入でペダルが回らなくなったという
お持込の修理でした。

ペダル右側の奥にあるネジが斜めに締めこまれています。
これが原因で内部がメチャクチャになってました。
チェーンではなく、ベルト車です。

メーカーの見解は『ベルトの張り過ぎ』だそうです。
ベルト車のクランクって何百台修理してますが
止まっている時はベルトが緩くて、ペダルを漕ぐとベルトが張ってたのですが・・・
なのでベルトの張り過ぎって意味が分からないです。

またベルトの張り過ぎ程度の張力で、ネジ山が斜めにずれ込むとは
考えにくいです。

どう見ても一番最初の組立時に斜めに無理矢理ねじ込んだとしか思えないのです。

BBタップが無いのと、持ってたとしても
ネジ山を再度作るので簡単に言うとミリ単位の寸法が狂い
完全には直らない事が予測出来た為
修理がお受け出来ない旨をお客様に伝えました。
お買い上げ頂いた店舗様とご相談下さいとお伝えしました。

数日後、お買い上げされた店舗が廃業になってたとの事で
お客様とメーカー間でのやりとりになりました。
自転車本体はお店からメーカーへ送る事になりました。
私の仕事はここまでと思っていましたが
過去に、ここのメーカーは常識外な仕事をして
取引停止を言い渡した過去があり
念の為、今日確認で電話を入れました。




悪い予感が的中してしまい
またも常識外な仕事をしていました。

お客様からの承諾を得ないまま
修理代 15,000円の仕事を勝手に行い
しかも請求書を私のお店に送るという事後報告をしてきました。

メーカーとお客様間のやりとりだったので
お客様の連絡先は分かっているのに
なぜ、事前に連絡をしなかったのか。
これがここのメーカーの悪しき体質なのでしょう。

ここのメーカーのいい加減な組立と
いい加減な対応にお客様とウチが巻き込まれた形になります。

メーカーがお客様に電話して
15,000円の旨を承諾して頂かないと
ウチは請求書に対して支払う義務も無いし
(ウチはメーカーに対して修理依頼をしていない)
お客様は当然、承諾などするハズもないでしょう。

過去に取引停止を言い渡したメーカーの自転車修理も
受けていいものか自問自答しており
少なくとも、ここのメーカーのクランク、BB周りの仕事は
今回の出来事が原因でお受け出来なくなりました。

私が何か組立不良を起こした訳でもないのに
都度15,000円をここの該当メーカーから請求されるのは
常識外甚だしいです。

どこのメーカーかはここでは書けないので
お客様とのご対面時にお話しします。






スポンサーサイト
プロフィール

Cycle Shop ONE 重田 淳一

Author:Cycle Shop ONE 重田 淳一
群馬県みどり市笠懸町で営業してます。
お蔭様で7年目を迎えました。
http://cycleshop1.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR