不満話

2018.04.15.16:19

防犯登録の仕組みを
ある所に聞いたら、『出来ません。』
自分で総元締め組織に聞いたら『出来ます。』

月イチで群馬県内の取引先を回ってますと言ってた
某卸の営業さん。
あれから3年経ちました。
一回も来てません。
なので自然と取引がフェードアウトしました。

開業した時に
『お店が潰れて取りっぱぐれが嫌なので、5年経過して潰れてなかったら電話下さい。』
と言ってきた某卸さん。
開業して7年経ちました。
ここの商品が無くてもやってこれたので
今となっては取り扱ってほしいと言われても
もうウチとしては要らないです。

とある有名某卸さん。
『6畳プレハブの店舗?ウチはしっかりとした店構えの販売店じゃないと取引出来ないです。』
別の某卸の営業さんから聞いた話が
ランニングコストで
・店舗の家賃
・店主さんが賃貸物件(自宅住まい)に住んでる場合の家賃
・お店の規模、売上の規模の割には従業員を雇っている
この3点が揃っていると警戒するそうです。

ウチは家賃も無ければ住宅ローンも無いし
私とカミさん2人でやってるので
ランニングコストが支払いきれず閉店するような事は無いと伝えても
『立派な店構え』が必用らしく
考え方の相違でご縁がありませんでした。
今はスポーツ車の販売が低迷してるので
結果的に取引しなくて良かったです。


開業当時、6畳プレハブ店舗の店構えでも
それでもご協力してくれた卸さん、
『やっていける訳ないじゃん。』と、私をバカにした卸さんに
別れました。

現在はお蔭様でン千世帯のお客様が出来ました。
で、取引相手になりそうだと7年前は私をバカにしてた
寄生虫のように寄ってくる卸さんは
ことごとく蹴っ飛ばしてます。

私が実家のお店の跡継ぎである事を
開業時は隠してたので、各取引先の本質が良く見れて
良かったです。


スポンサーサイト
プロフィール

Cycle Shop ONE 重田 淳一

Author:Cycle Shop ONE 重田 淳一
群馬県みどり市笠懸町で営業してます。
お蔭様で7年目を迎えました。
http://cycleshop1.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR